スムージーの糖分は大丈夫なのか解説します

目安時間:約 3分

スムージーは健康に良いといいます。

しかし、スムージーの糖分は大丈夫なのか?

 

調べて見ると、スムージーの甘さは上白糖ではなく、果物の甘みで調整している。
なので、大きな問題はないことが分かりました。

 

スムージーの甘みは砂糖より血糖値が上がりにくいという。

 

コンビニのスムージーには成分表が書いてあります。
成分表に「アガベシロップ」という表示がるのかをチェック。

アガベシロップは、メキシコを中心に分布している多肉植物で血糖値を上げにくくする効果があるといいます。

 

ちなみにスムージーは朝に飲むことが多いと思いますが、水分を補給してから飲むのがポイント。

 

市販のスムージーにヨーグルトを足したりトマトジュースを足したりして飲んでいます。

そうすることで、ヨーグルトを足すことで乳酸菌とタンパク質が摂取できます。
トマトジュースを足すことでリコピンが肌トラブル改善に期待できる。

 

お肌といえば、緑黄色野菜はビタミンAが豊富。
ビタミンAは肌の新陳代謝を促進させる効果があります。

 

というわけで、スムージーの糖分は大丈夫ということが分かりました。

 

コンビニのサラダはドレッシングをかけています。

このほうが、ビタミンCの働きをより効果的と言われているから。

 

ドレッシングの油にはビタミンEが豊富。
ビタミンCとEはお互い助け合い抗酸化作用を断続してくれます。

 

ローソンの「カップデリカ オクラとなめこのネバネバサラダ」は食べるようにしています。
ネバネバに含まれるムコ多糖類は粘膜を強化しウイルスの進入を防いでくれるから。

 

ダイエットは気合入れてしないようにしています。

筋力が落ちるのは嫌なので。

 

タンパク質をとらないと筋肉がエネルギーにかわってしまい痩せていく。

基礎代謝が下がって太りやすい体質になってしまう。

 

サラダチキンは筋力が落ちてきたなという人におすすめ。

タンパク質の1日の推定平均必要量は成人女性で40g、成人男性で50g。

 

スティックサラダチキンには1本には約10gほどのタンパク質が含まれています。
一緒に食べるとよい食材は、ゆでたまご、かにかまぼこ。

カテゴリー