脚のむくみを解消するストレッチ&マッサージ。ヴェレダもオススメです。

目安時間:約 4分

脚が太くなってしまう原因のひとつはむくみ。

それを解消すべく、リンパ液を流すマッサージをして、さらに気になる部分には集中ケアをプラス。

 

これで理想の脚にどんどん近づけます。

 

脚のむくみを解消するストレッチ

 

マッサージを始める前にストレッチで脚をほぐすのが大切。

 

凝り固まった脚では、いくらマッサージしても無駄。

まずはストレッチで脚をほぐしましょう。

 

1.足の裏を合わせて座り、上半身を前に倒す。

普段の生活ではなかなか使わな い太ももや背中の筋肉を伸ばす。

上半身は腰から倒すのが大切。

 

2.①の姿勢から片脚だけ伸ばして、その足に手をかける。

足に手をかけ、足裏や脚全体を約10秒伸ばす。
片方の脚が終わったら、もう一方も同じように。

 

3.足を伸ばして座り、左右交互に足を前に押し出す。

姿勢よく座り、お尻で歩くような感じで、お尻から足まで一緒に前に出すようにすると良いです。

 

4.足の指と手の指を合わせて足首を回す。

右回し、左回し各10回を両足とも行う。
足の指を開くことで、血液やリンパの流れがよくなる。

 

 

脚のむくみを取るマッサージ

 

美脚マッサージで誰でも即すらり脚。

リンパの流れをよくすることが、すらり脚への近道。
あまり強い力で行わず、心地よい程度の圧でマッサージすることが大切です。

 

1.鼠蹊部(そけいぶ)をさすって体内のリンパ液の流れをよくする

4-5

脚のリンパ液の流れをよくするため、鼠蹊部(ももの付け根)をさする。
長時問座っていると鼠蹊部加王迫され、リンパ液の流れが悪化。

 

2.両手を脚に密着させ、足首からひざに向かって手のひらを滑らせる。

4-6

脚のリンパの流れを助けるために、足首からひざに向かって手のひらでリンパ液を流す。
指でぎゅっと押しつける必要はなし。

 

3.ひざで手を止め、指全体でひざ裏を押す。

4-7

鼠蹊部と同じく、リンパ節が多く集まるひざ裏。
流れを促進するため、ひざ裏を指全体でイタ気持ちいい程度に押す。

 

4.太ももを両手で流していく。

4-8

太ももも同様に、鼠蹊部に向かって手のひら全体でリンパを流す。
面積が広い太ももは、ふくらはぎより、やや強めでもOK。

 

5.②~④で流してきたリンパを鼠蹊部へと流し込む。

4-9

鼠蹊部にある大きなリンパ節にリンパ液を流し込むことで、むくみの原因となる老廃物などが排出される。

各脚1~5を5回程度繰り返します。

脚全体の流れをよくしたら次は気になる部位へ。

 

脚のむくみにはヴェレダ

 

どのボディオイルを選んだらいいか分からない方へ。

 

良くて安くて人気があるボディオイルは、

ヴェレダのホワイトバーチ ボディオイルです。

 

口コミの評判も良いので安心してご使用できますよ。

 

こちら>>>ホワイトバーチ ボディオイル

肌を引き締め、弾力を保つ植物エキスを配合しています。

 

リンパの流れを良くするためヴェレダのボディオイルでにマッサージ。

香りもよく脚のマッサージには欠かせないアイテムです。

カテゴリー