骨伝導イヤホンでワイヤレスはどれがいい?かAmazon選択劇場

目安時間:約 4分
XinYiのBluetooth イヤホン 骨伝導 ヘッドホン

Bluetooth対応のワイヤレスイヤホンは持っているですよ。

でお、耳にかかる部分が重くて耳に負担がかかり、疲れるというデメリットがありました。

 

そこで気になったのが、骨伝導イヤホン。

難聴対策にもいいかなと思いました。

 

問題はどのワイヤレス骨伝導イヤホンにするか?

 

調べまくった結果、XinYiの骨伝導ワイヤレスイヤホンにしました!

 

XinYiの骨伝導イヤホンでワイヤレス

 

>>>こちら

 

Amazonで買おうと思ったのは、8%クーポンありだから。

そして、タイムセール祭りを利用して、5%ポイント還元を狙います。

 

このXinYi骨伝導イヤホンのデメリットを見つけましたので、書いておきます。

 

・満充電時間1.5時間

・聴ける範囲が10メートル以内

・XinYiというメーカーが作っているが無名

・連続使用可能時間8時間

・骨伝導は意外と音漏れする
・ガイド音声が英語

 

こんな感じですね。

通勤通学の電車ではやめたほうがいいかもしれません。

 

私はおうちで使う用のイヤホンなので問題ありません。

ルームランナー使用時や外での散步にもいいですね。

GOOSERAの骨伝導イヤホン

Amazonタイムセール祭りが終わってたらGOOSERAの骨伝導イヤホンですね。

17820円が5399円、ポイント還元1%で32ポイント。

 

GOOSERAの骨伝導イヤホン

 

>>>こちら

 

8時間連続使用可能で防水防汗。

有名のPC、スマホ、タブレットにも対応しています。

骨伝導イヤホンで内蔵マイク搭載安いのなら

骨伝導イヤホン 内蔵マイクを搭載

とりあえず安くてマイクが付いている骨伝導イヤホンならこれでいいかな。

約4000円ですが、ほぼやりたいことはできます。

 

メーカーはgoldcost1979というところ。

よく知りませんが、よく買われていますし、レビューでも悪くはありません。

 

Z8超軽量スポーツヘッドホン。

壊れにくいのが特徴。

自転車でのイヤホンは違法?

気になって調べましたが、違法と書いてあるものはありませんでした。

住んでいる地域によっても変わるかもしれません。

 

書いてあったのは、例えば埼玉県の場合、

「周りの音が聞こえない状態で運転してはいけません。(埼玉県道路交通法施行細則第10条第7号。罰則:5万円以下の罰金)

イヤホン使用禁止とは書いてありませんした。

 

警視庁交通相談センターの担当者は「イヤホンがダメになったと誤解が広がり、問い合わせ電話が殺到している。今までと何も変わりません」

 

違法ではなさそうですが、自転車乗りながらのイヤホンは事故につながる可能性が高いということ。

普通のイヤホンよりは、骨伝導イヤホンのほうがマシだとは思いますが、自己責任ですね。

カテゴリー