血中酸素飽和度測定スマートウォッチで肺炎の症状を数値で見る

目安時間:約 2分
血中酸素飽和度測定スマートウォッチで肺炎の症状を数値で見る

新型コロナウイルスに感染したらどうなるんだろう?

軽症で済むのか、重症化するのか、死んでしまうのか。

 

ワクチンが普及して、感染者も減ってきました。

一時増えましたが、そこがピークで亡くなる方も減りました。

 

住んでいる地域によって、病院の部屋があったり、なかったりします。

 

結局、肺炎になって重症化するのが怖いんですよね。

お年寄りは誤嚥性肺炎もありますからね。

 

パルスオキシメーターが売れていて、品薄状態になっていたりします。

血中酸素飽和度測定がしたいからですね。

 

パルスオキシメーターが買えなくても、スマートウォッチがあれば、血中酸素飽和度を測定できます。

 

こちら>>>血中酸素濃度計 スマートウォッチ

 

体温測定、血圧測定、心拍測定、体温、睡眠検測、消費カロリー、歩数計まで計測できます。

これだけ揃っていて低価格なのは嬉しいです。

 

酸素飽和度とは、動脈血液中の赤血球ヘモグロビンが酸素と結合している比率。

 

肺炎は突然、肺炎の症状が悪化する場合があるので、血中酸素飽和度を測ることより事前に肺炎悪化を予測できます。

血中酸素飽和度が低くなったら病院へ行きたいと思いました。

血中酸素飽和度測定スマートウォッチで肺炎の症状を数値で見ましょう。

カテゴリー