太らない食べ方の基本ルール

目安時間:約 3分

子ども時代から、こんな思い込みに縛られていませんか?

 

・決まった時間に食べないといけない
・苦手なものも食べないといけない
・残さず、食べないといけない
     ↓
「大人の食べ方」をすれば、もっとカラダが軽くなる!

     ↓
・おなかがすいたときに食べる
・苦手なものは無理に食べない
・おなかがいっぱいになったら残す

 

・1日2回は肉・魚・卵をたっぷり食べる
たんぱく質不足だと筋肉量が減り、代謝が下がります。

1日2回は肉や魚、卵を手のひら1杯分食べましょう。

脂肪を燃やすL-カルチニンが多いのは、羊>牛>豚>鶏の順。
脂身は避け、赤身肉を選ぶ。

 

・毎日必ずお米を食べる
やせたいからとご飯を食べないとエネルギー不足や間食を招く。

炭水化物のなかでも、お米は油分や添加物も少なくカラダを冷やさない。
ご飯が主食の食生活にすると、多くの女性はやせてきますよ。

 

・毎食できるだけ汁物を取る
カラダを温めて代謝を上げるためにも毎食、味噌汁やスープなど汁物を取ること。

最初に汁物をおなかに入れることで、後に食べるものが消化されやすくなり、血糖値が安定して食べすぎも防げます。

 

・野菜は適量にしてオメガ3系の油を加える
野菜を大量に食べると不溶性食物繊維の取りすぎで便が硬くなることも。

野菜でおなかを満たすよりも、肉や魚を増やすことを意識して。
オメガ3系のエゴマ油や亜麻仁油をかけると脂肪燃焼効果も。

 

・ガムや飴で空腹を満たさない
仕事中に口寂しさでガムや飴を食べる人も多いが、空腹時に水分も取らずガムや飴だけを食べるのは絶対に禁止。

糖が単独で吸収されて太りやすくなり、糖化と呼ばれる体内の老化も一気に進みます。

 

・朝、軽めが合わなければ夜を軽くする
午前中は排泄を促すのに向く時間なので、朝は水分と果物だけでもいい。

ただ、朝にしっかり食べるほうがカラダに合う人もいるので、その場合は夜を軽くする。
自分に合った食べ方を見極めよう。

カテゴリー