観葉植物でストレスを解消する花

目安時間:約 3分
観葉植物でストレスを解消する花

自然に触れるとストレスが解消されることが分かっています。

森林浴ってちゃんと意味があるんですね。

 

公園にお花や木があれば、そこに行くだけでも効果があると言われています。

お家で観葉植物育てるだけでもいいんです。

 

というわけで、我が家でも観葉植物を育てることにしました。

でも、どの観葉植物を育てればいいか分かりません。

 

そこで、NASAが推奨する観葉植物を買うことにしました。

スパティフィラム(Peace lily)

日陰に置くことでベンゼンとトリクロロエチレンの両方を吸収してくれる。

ただし、葉の部分にシュウ酸カルシウムがふくまれており、体内に入れば体調を萠すことも。

そのため、子どもやぺットがいる家庭には不向き。

ポトス(Pothos)

ホルムアルデヒドを吸い込む効果が認められている。

週に1度の水やりでも十分なので初心者向け。

セイヨウキズタ(Ivy)

ホルムアルデヒドを取り除くのに有効。
直射日光でも日陰でも普通に育つが、やはり毒性を持っているので、子どもやぺットがいる家庭には不向き。

キク(Chrysanthemum)

ベンゼンとホルムアルデヒドをフィルタリングしてくれる。

ガーベラ(Gerbera daisy)

ベンゼンとトリクロロエチレンの両方を吸取してくれる。

サンセべリア(Sansevieria)

ホルムアルデヒドをフィルタリングしてくれる。

水やりが少なくてもいいのでメンテナンスは楽だが、水の加減を間違えると枯らしやすい。

チャメドレア(Bamboo palm)

ホルムアルデヒドをフイルタフィルタリングしてくれる。
直射日光を避ければ、毎日の水やりが不要なので育てやすい。

ツツジ(Azalea)

ホルムアルデヒドをフイルタフィルタリングしてくれる。

現在のツツジは品種改良がされていて育てやすい。

 

 

カテゴリー